HTC U12+へAndroid 9(Pie)のアップデートが配信開始。まずは台湾から

  • 6月29日にHTC U12+へのAndroid 9(Pie)アップデートが配信開始
  • 6月中のアップデートは、5月に予告されていた

台湾のスマートフォンブランド HTCはかつて、Androidといえば…と言われたほど、スマートフォン市場を席巻していました。

 

しかしここ数年は辛い時期を過ごしています。

HTCは確かに優れたスマートフォンを作り出すことができますが、最近の急速なトレンドの変化に追いつけていません。

 

HTCはまだスマートフォン事業を諦めたわけではありませんが、同社が注力する事業は5Gとブロックチェーン技術にシフトしています。

 

その結果、すでにリリース済みの端末へのサポートが徐々に遅くなっていっています。

 

HTC U12+へのアップデートが配信開始

HTC U12+へのアップデートが配信開始

2019年5月、HTCは同社の端末ラインナップのうち3つのスマホに対し、Android 9へのアップデート予定を発表しました。

 

これによるとHTC U12+は、2019年6月にAndroid 9(Pie)へのアップデートを受けることができるとされていました。

 

そして本日 その約束は果たされ、台湾のHTC U12+ユーザーの元へOTAアップデートが通知されました。

 

アップデートのファイルサイズはおよそ1GB。

更新内容には詳細な情報はありませんが、Google+の削除が目につきました。

 

HTCは台湾の会社なので、アップデートは自国を優先して配信することで知られています。

HTC U12+へのアップデートが配信開始

HTCのU11は2019年6月の初めにアップデートが配信されましたが、その内容に重大なバグが発見されたため、一時中断されたというハプニングもありました。

しかしながら、アップデートの予告に対して忠実にその時期を守ろうとする姿勢は、HTCへの支持を集めそうです。

 

HTC U12+の特徴やスペック

HTC U12+の特徴やスペック

  • チップセット:Snapdragon845
  • RAM:6GB
  • GPU:Adreno630
  • 内部ストレージ:64GB
  • メインカメラ:12MP+16MP(デュアル)
  • セルフィーカメラ:8MP+8MP(デュアル)
  • ディスプレイ:6インチ液晶ディスプレイ(2,880×1,440)
  • サイズ:156.6×73.9×8.7mm
  • バッテリー容量:3,500mAh
  • その他:IP68防塵防水

HTC U12+は2018年に発売された、ギーク向けのハイエンドスマートフォンです。

 

チップセットは当時最高のSnapdragon845を持ち、6GBのRAMやデュアルカメラ(メインおよびセルフィーカメラの両方)の強力かつスタイリッシュな端末でした。

 

そして一部のカラーでは背面が透けており、内部の機械を見ることができました。

 

HTC U12+の特徴やスペック

 

ライバルのファーウェイP20 Proなどと比較しても、十分な競争力を持っており、当時最高峰のスマートフォンの一つです。

 

そして今回のこのアップデートを受け取るまでは、Android 8(Oreo)がインストールされていたため、

 

Android 9(Pie)の新たな力を得て HTC U12+は再浮上することができるでしょう。

 

HTC U13の発売計画の噂

HTC U13の発売計画の噂

HTCではHTC U12+の後を継ぐハイエンドスマートフォンの発表を控えており、その名前はHTC U13となるという噂が流れています。

最近のスマートフォンの価格上昇トレンドを考えると、端末の価格は10万円を超えるとみられています。

 

そして同社が5Gへ注力していることから、同端末がHTC初の5Gスマートフォンになる可能性も噂されています。

 

HTC U13に関しては、以下の記事で詳しくまとめています。

 

HTC U13の発売日や噂、スペックなどの情報まとめ