折りたたみスマートフォンは2019年の市場を変えるのか

折りたたみスマートフォンは2019年の市場を変えるのか

2019年のスマートフォン市場は、折りたたみスマートフォンによって革命が起こるはずでした。

 

2019年のMWCでは、サムスンのGalaxy FoldファーウェイのMate Xなど、私たちが今まで目にしたことのない新しいスタイルの端末が登場しました。

 

しかもこれらはコンセプトモデルではなく、かなり現実的で洗練されていました。

そのあまりにも高い価格から、私の手元に来ることはあまり期待できなさそうでしたが、最近ややマンネリ化した市場に新たな風を吹き込み、少なくともしばらくの間主役の座を努めることは間違い無いだろうと確信していました。

 

しかし相次ぐトラブルにより発売は遅れ、2019年はすでに半分が過ぎました。

 

これは、サムスンとファーウェイが掲げたコンセプトと現実のギャップを物語っています。

 

世界中のレビュワーから酷評されたGalaxy Fold

 

世界中のレビュワーから酷評されたGalaxy Fold

 

サムスンがGalaxy Foldの発売を目前に控えていた頃、同社は世界中の著名なレビュワーにその端末を配布し、好意的なレビューを集めようとしました

しかしその作戦は完全に裏目に出てしまいます。

その折りたたみ可能なディスプレイは、私たちが望むほど頑丈ではなく、時間の経過とともにホコリやゴミが溜まってしまうヒンジ部分のまずい設計などの問題が露見しました。

 

折りたたみ式スマートフォンは今が成長期

 

折りたたみ式スマートフォンは今が成長期

 

この新しいカテゴリの商品について、豊富な経験や知識を持っている企業はなく、今がまさにその成長途中にあります。

サムスンの失敗は未来の端末の糧となり、大きな改善を見せるでしょう

何度も繰り返し折りたたみ可能な液晶ディスプレイ、シンプルで頑丈なヒンジの設計、このカテゴリの商品が完成を見るまでは大きな課題がまだ山積みのようです。

 

リリースに慎重な姿勢を見せるファーウェイ

 

リリースに慎重な姿勢を見せるファーウェイ

サムスンの窮状を目の当たりにしたファーウェイは、すぐさま Mate Xの発売を延期しました。

Mate Xの完成度をより高めるための追加テストを行うというのです。

 

と言っても不安があるのはハードではなく、5Gのネットワークとソフトウェアの互換性テストが関係しているということ。

 

しかし、Mate Xのディスプレイは外側に折りたたまれるため、常に外側にさらされるディスプレイは傷を受けやすくGalaxy Foldよりも難易度が高いのではと懸念されています。

 

可能性と不安が入り混じる折り畳みスマートフォン革命

 

可能性と不安が入り混じる折り畳みスマートフォン革命

 

このように折り畳み式スマートフォンは悪いスタートを切りはしましたが、こうした遅れや停滞は必ずしも悪いことではありません

失敗の経験や多くの工夫は、スマートフォンが進化を続けるための糧になっています。

 

ファーウェイ Mate Xレビュー!使い勝手は?価格や発売日も

Galaxy Fold、サムスン製折りたたみ端末レビュー