OnePlus 7 OnePlus 7 Pro Oneplus(ワンプラス)

OnePlus 7/7 Proに常時ディスプレイ機能を追加するモジュールが登場

投稿日:

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

OnePlus 7 OnePlus 7 Pro Oneplus(ワンプラス)

OnePlus 7を買うならダンゼン中国で!? 12GBモデルがなんと6万円代

OnePlus 7は、OnePlus社から発売されたプレミアムスマートフォンです。 それはProモデルと比べると若干おとなしい印象がありますが、美しい外観と素晴らしい性能、そして3年間のサポートが約束 ...

MVNO/格安SIM OnePlus 7 OnePlus 7 Pro おすすめ スマートフォン 各機種について 新機種情報

OnePlus 7/OnePlus 7 Proのスペック、発売日、価格、違いについて

この記事では、OnePlus 7およびOnePlus 7 Proについて明らかになった情報と、世界中に溢れている噂やリーク、憶測についてまとめます。   OnePlus 7 / OnePlu ...

OnePlus 7 Oneplus(ワンプラス)

OnePlus 7実機レビュー!スペック / カメラ / ディスプレイ

OnePlus 7の価格や発売日 日本での発売は 発売日:2019年6月4日 価格:およそ7万円(6GB/128GB) OnePlus 7はヨーロッパの一部の地域で6月4日に発売されました。 その価格 ...

Galaxy Fold OnePlus 7 OnePlus 7 Pro Oneplus(ワンプラス) Poco F1 SAMSUNG(サムスン)

OnePlus 7 / 7 Proが搭載する世界最速のUFS 3.0ストレージとは?

  UFS 3.0ストレージというのは、2019年のフラッグシップスマートフォンの一部に搭載されている超高速な内部ストレージです。   最新のスマートフォンのストレージはサムスンや ...

OnePlus 7 OnePlus 7 Pro Oneplus(ワンプラス)

ゲームに全てを捧げよ。OnePlus 7はAndroid Qで快適なゲーム環境を手に入れる

OnePlusは、このところOnePlus 7やOnePlus 6用のAndroid Qの開発に力を注いでいます。 それは2019年末を目処に正式リリースを予定しており、先日はそのBeta 3がリリー ...

スポンサーリンク

常時ディスプレイ機能(Always on display)をご存知ですか?

それは時計や通知などの限られた情報を、スマホのディスプレイに常に表示しておく機能です。

それは主に、有機ELディスプレイを搭載した高級モデルに採用されだしていて、有名どころではGoogle Pixelシリーズも。

そんなAlways on displayを、OnePlus 7/7 Proのスマートフォンにもたらすモジュールが有志によって開発されたようです。

 

モジュールの設定には、中国語の理解が必要です

モジュールの設定には、中国語の理解が必要です

 

まず、このモジュールが中国語圏で開発されていることを知っておくべきでしょう。
モジュールのイントールや設定には、中国語の知識もしくは翻訳が必要になります。

このモジュールは、OnePlus 7や7 Proが初めから持っているアンビエントディスプレイの機能を上書きします。

次の写真でもわかるように、時計やカレンダー、メールなどの通知と再生中の音楽、そしてバッテリーの残量が表示されています。

 

モジュールの設定には、中国語の理解が必要です

 

これが、スマートフォンを全く触っていない状況でも常に表示されるのが、OnePlus 7/7 ProのAlways on display機能です。

 

OnePlus 7 Proが圧倒的なナイトモードを手に入れる

 

モジュールの動作にはAndroid Pieやその他ソフトウェアが必要

モジュールの動作にはAndroid Pieやその他ソフトウェアが必要

このモジュールはAndroid Pie上で動作することと、アンドロイドに本来ない機能を追加するためのカスタムフレームワーク「EdXposed」をインストールしている必要があります。

初心者には少々敷居が高いので、十分な情報収集または上級者への依頼が必要になります。

とはいえ、得られるものはそれなりに大きいので、覚悟の上であれば挑戦するのも良いでしょう。

 

OnePlus7に今後のアップデートで追加される予定の機能は?

 

当然ながらバッテリーの消費がわずかに早くなる

当然ながらバッテリーの消費がわずかに早くなる

このモジュールをインストールすることで、当然ながらOnePlus 7/7 Proのバッテリーは早く消費されるようになります。

一部とはいえ、常にディスプレイを表示させるわけですから当然といえば当然ですね。

じゃあどのくらい消費するのかというと、OnePlus 7/7 Proを触らずにおいておくだけで毎時間1%以上減っていくようになります。
ということは、連続待受時間が100時間以下になりますよね。

本来、300〜400時間は連続で待ち受けできるOnePlus 7/7 Proなので、これをよしとするかどうかは微妙なところです。

OnePlus7レビュー/スペック/ディスプレイ/カメラ/価格

 

AODは良い機能。だがまだまだ改善の余地あり

AODは良い機能。だがまだまだ改善の余地あり

連続待受時間が著しく減ってしまう問題に対し、夜間は消灯されるような設定が追加されるなどして、改善が進められているようです。

他にも有機ELの焼き付きの問題もあり、そこへの対策も進められているようです。

AODの機能そのものは、GoogleのPixelフォンなどでも好評を博しているものなので、今後OnePlus 7/7 Proにも公式の機能として取り入れられる可能性があります。

それがどうしても待てないというあなたは、ぜひチャレンジしてみては。

 

OnePlus 7/7 Proに常時ディスプレイ機能を追加するモジュールが登場
OnePlus 7 6.41インチFHD + AMOLEDウォータードロップディスプレイ60Hz NFC 3700mAh 48MPリアカメラ8GB 256GB UFS 3.0 Snapdragon 855 Octa Core 4Gスマートフォン
created by Rinker
OnePlus

 

OnePlus 7/7 Proに常時ディスプレイ機能を追加するモジュールが登場
OnePlus 7 Pro 6.64インチQHD + AMOLED 90Hz HDR10 + 4000mAh NFC 48MPリアカメラ8GB 256GB UFS 3.0 Snapdragon 855 4Gスマートフォン
created by Rinker
OnePlus

アクセスランキング

AirPodsのケースは最も薄いのに最も硬い フルカーボン製が最強の理由

この記事では、ワーガジェ編集部が全力でお勧めするAirPods保護ケースを紹介しています。

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはありません。

かなり大きで厚めなスマートフォンで、大きなディスプレイを備えています。

しかしそれは、このスマートフォンがありふれたつまらないものだということではありません。

OnePlus 7のスペック、発売日、価格についてまとめ

フラッグシップモデルの機能と性能は欲しいが、そんな予算はないという方のためのスマートフォン。

6.39インチの美しい有機ELディスプレイに超小型のノッチ。広角撮影が得意なトリプルカメラ。

Snapdragon855+6GB RAMのプレミアム仕様だが、他社のフラッグシップに比べだいたい半額

  • この記事を書いた人

ショウタ

スマートフォン・ブログ・家族を愛しています。 家族+猫1匹でマレーシアに移住→海外のスマホの契約の自由さ、安さに感動し、それを広めたいと思ったサラリーマン。 普段は会社で仕事をしつつ、家に帰るとスマホ情報の収集やブログの執筆をしています。 海外スマートフォンの実機レビュー、新鮮なニュースを中心に呟きます。

-OnePlus 7, OnePlus 7 Pro, Oneplus(ワンプラス)

Copyright© World gadgets ワールドガジェッツ , 2021 All Rights Reserved.

ワーガジェ公式ストアはこちら
ワーガジェ公式ストアはこちら