A1 Pro Umidigi(ユミディジ)

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

投稿日:

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

格安アンドロイド SIMフリースマホ UMIDIGI Z2の詳細スペック/ベンチマーク情報まとめ

端末の特徴を3行で。 UMIDIGIには珍しく3万円を超えるハイスペックモデル。 メモリ6GB搭載、Antutuスコア10万越え。 メイン・セルフィーカメラ共に1600/800万画素のデュアルレンズ。 ...

A3 A3 Pro Umidigi(ユミディジ)

UMIDIGI A3とA3 Proの違いまとめ/カメラ/スペック/ディスプレイ/ベンチマーク

UMIDIGI A3とA3 Proの違いは、RAM/ROMの容量とディスプレイのサイズだけ。 RAM/ROM:A3が2GB / 16GBのみ A3 Proは3GB / (16GBか32GBで選択可能) ...

F1 Umidigi(ユミディジ)

Umidigi F1 レビュー!5,000mAh大容量バッテリーの実力を検証

Umidigi製のスマートフォンは、その素晴らしいルックスと安さによって多くの期待と注目を集めますが、いまだに私たちを満足させることはなかなかありません。 現在、Umidigiは2つの新しいミッドレン ...

Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

格安アンドロイド SIMフリースマホ UMIDIGI ONEの詳細スペック/ベンチマーク情報まとめ

端末の特徴を3行で。 低価格ながら高品質ハードで評判の2万円を下回るエントリーモデル メモリ4GB、ストレージは少なめな32GBなのでSDカードで増設したい。 性能はそれなりなので、ハードに3Dゲーム ...

S2 Lite Umidigi(ユミディジ)

UMIDIGI S2 Liteレビュー!カメラ/スペック/デザイン

UMIDIGI S2 Liteの特徴を3行でまとめると 小ぶりなボディながら、5,100mAhの巨大なバッテリーを搭載 ディスプレイはやや暗め、ゲームは考えない方が良い 価格は良心的な25,000円。 ...

スポンサーリンク

Umidigi A1 Proは使えるヤツか

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

Umidigi A1 Proはコストパフォーマンスに非常に長けたスマートフォンです。

最近の流行りのスタイリングでデュアルカメラを搭載しており、たった1万5千円で買えるものだとはとても思えません。

しかし肝心の中身はどうなのか、徹底的にレビューします。

 

Umidigi A1 Proのデザイン

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

  • サイズ:145.1mm x 69.1mm x 8.9mm
  • 重さ:173g

A1 Proのカラーバリエーションはブラック、シルバー、ブルーの3色です。

そしてディスプレイのベゼルは3バリエーションの全てがブラックで統一されています。

側面のデザインはiPhone 6のそれとよく似た形状のシルバーカラーですが、ブラックバージョンだけはブラックで染められています。

背面はHonor 9を思わせるメタリック仕上げで、縦方向にいくつもの光の帯が走ります。それは激安価格が信じられないほどの高級感です。

 

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

Umidigi A1 Proのサイズは145.1mm x 69.1mm x 8.9mmで、重さは173gです。

Honor6Xの厚みは8.2mm、Xiaomi Mi A1は7.3mmなので、競合他社よりも少し厚めなのですが、不思議と手に馴染む形状をしています。

ちなみにこのサイズは、iPhone 6Sとほぼ同じです。

背面には指紋センサーとフラッシュ、そしてデュアルカメラがあります。

音量調節ボタンと電源は右側面、USB-Cポートはスピーカーとマイクの間にあります。

 

Umidigi A1 Proのカメラ

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

Umidigi A1 Pro の5MPセルフィーカメラは比較的シャープな写真を撮れますが、彩度が高過ぎます。そして明るい部分は白く飛のでしまいがち。

 

メインカメラはそれぞれ13MPと5MPのデュアルレンズで、後者は背景をぼかすポートレートモードのために用意されています。

これを使って撮った写真の細部はやや潰れがち、明るい部分は白く飛んでしまいがちです。

OnePlus 5TやiPhone Xのカメラと比較するとかなり見劣りしてしまうのですが、これらは非常に高価です。価格差を考えると、カメラの性能差は妥当なところかもしれません。

 

Umidigi A1 Proは1,080p@30FPSの動画を撮影することができます。

結果はかなりシャープなものが撮れ、カメラに厳しいユーザー以外は特に不満は感じないでしょう。

 

また、Umidigi A1 Proにはカメラを使うFace Unlock機能が搭載されていますが、精度は余り高くなく、指紋センサーほど安全ではありません。

 

Umidigi A1 Proのディスプレイ

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

  • サイズ:5.5インチ
  • 解像度:1,440 x 720

Umidigi A1 Proのディスプレイのアスペクト比は2.1、解像度は1,440 x 720ピクセル、サイズは5.5インチです。

解像度はこの価格に見合ったもので、やや低めです。Honor 6XやXiaomiのMi A1のような高価なデバイスはフルHDの解像度のディスプレイを持っています。

 

フロントパネルは主にディスプレイで構成されていますが、Pixel 3とは異なり、上下に小さなベゼルがついています。

このベゼルの中にスピーカーとセルフィーカメラが収まっているので、ノッチはありません。

 

Umidigi A1 Proの性能、ハードウェア構成、ベンチマークスコア

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

  • チップセット:MediaTek MT6739
  • GPU:PowerVR GE8100
  • RAM:3GB
  • 内部ストレージ:16GB
  • 外部ストレージ:microSDカード(最大256GB)
  • Geekbench4スコア(シングルコア):666

ハードウェアの構成を見ると、3GBのRAMとかなり少なめな16GBのストレージがあります。

これはmicroSDカードを使って最大256GBまで拡張することができますが、今日では16GBは小さすぎ、多少のアプリをインストールしてしまうとすぐに一杯になってしまいます。

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

また、パフォーマンスは決して高くはありません。アプリは素早く開き問題なく実行されていますが、時折タイムラグを感じることもあります。

とはいえ、軽いアプリを使う上では十分に実用に耐えます。

そしてUmidigi A1 Proのゲーム性能は、Angry Birdのようなシンプルなものをプレイするには十分です。

しかしより複雑なゲームを十分楽しみたい場合は、より高価なモデルが必要となるでしょう。

 

Umidigi A1 Proのバッテリー性能

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

  • バッテリー容量:3,150mAh

A1 Proには3,150mAhのバッテリーを装備しています。省電力に優れており、標準的なバッテリー容量ながら、まる2日間使用できるでしょう。

そしてこの価格には珍しく急速充電をサポートしており、0%から満充電まで90分で完了します。

 

Umidigi A1 Proのレビューまとめ

Umidigi A1 Proレビュー!スペック/カメラ/コスパについて

Umidigi A1 Proはたくさんの驚きが詰まったスマートフォンです。

美しく丈夫なボディには明るいディスプレイと急速充電をサポートしたバッテリーを持っています。

 

私はこれらがたった1万円のスマートフォンに期待できるものだとは思ってもみませんでした。しかしこれは本当です。

 

Umidigi A1 Proは本当にお買い得です。

 

カメラの品質とディスプレイの色の正確さはボチボチといったところですが、急速充電と明るいディスプレイでそれを補って余りあります。

そしてこの価格でUmidigi A1 Proよりも優れたスマートフォンを見つけることは難しいでしょう。

 

 

アクセスランキング

AirPodsのケースは最も薄いのに最も硬い フルカーボン製が最強の理由

この記事では、ワーガジェ編集部が全力でお勧めするAirPods保護ケースを紹介しています。

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはありません。

かなり大きで厚めなスマートフォンで、大きなディスプレイを備えています。

しかしそれは、このスマートフォンがありふれたつまらないものだということではありません。

OnePlus 7のスペック、発売日、価格についてまとめ

フラッグシップモデルの機能と性能は欲しいが、そんな予算はないという方のためのスマートフォン。

6.39インチの美しい有機ELディスプレイに超小型のノッチ。広角撮影が得意なトリプルカメラ。

Snapdragon855+6GB RAMのプレミアム仕様だが、他社のフラッグシップに比べだいたい半額

  • この記事を書いた人

ショウタ

スマートフォン・ブログ・家族を愛しています。 家族+猫1匹でマレーシアに移住→海外のスマホの契約の自由さ、安さに感動し、それを広めたいと思ったサラリーマン。 普段は会社で仕事をしつつ、家に帰るとスマホ情報の収集やブログの執筆をしています。 海外スマートフォンの実機レビュー、新鮮なニュースを中心に呟きます。

-A1 Pro, Umidigi(ユミディジ)

Copyright© World gadgets ワールドガジェッツ , 2021 All Rights Reserved.

ワーガジェ公式ストアはこちら
ワーガジェ公式ストアはこちら