UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

UMIDIGI Z2はおよそ3万円で手に入るお手頃さと、ミドルレンジの性能、そして美しい背面パネルを備えたオールラウンダーです。

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

18Wの急速充電にも対応しており、あらゆる面において抜けのない、使っていて安心できるスマートフォンの一つでもあります。

 

UMIDIGI Z2のスペック

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

  • チップセット:MediaTek Helio P23
  • GPU:Mali G72 MP2
  • RAM:6GB
  • 内部ストレージ:64GB
  • バッテリー容量:3,850mAh(18W急速充電)

ARM製のGPU、Mali G72 MP2はグラフィックス性能をあまり必要としないシンプルなゲームやアプリケーションをスムーズに動かすことができます。

一方でPUBG Mobileのような要求の厳しいゲームでは、長めのロード時間が必要となる上、グラフィックのクオリティを下げる必要もあります。

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

今回のテストではPUBG Mobileで遊んでみましたが、中程度のグラフィック設定で多少引っ掛かりを感じる程度でした。

タッチパネルの感度やタイムラグは特に問題ないと感じています。

 

UMIDIGI Z2のディスプレイ

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

  • サイズ:6.2インチIPS液晶ディスプレイ(1,080×2,246)
  • ノッチ:ウォータードロップ型

1,080 x 2,246の解像度と19:9のアスペクト比のフルHD+ディスプレイは、高価なスマートフォンのような見た目です。

ノッチはかなり大きいですが、2つのカメラを内蔵していることを考えると仕方ないでしょう。そして左右のベゼルはやや厚めではありますが、90%を超える画面比率があり、高級感のある非常に良い印象を与えます。

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

ディスプレイの密度は403PPIで、この価格のスマートフォンとしては高いものを持っています。そして明るい屋外でもかなりはっきりとした表示です。

コントラストもよく、黒も締まって見えます。

 

UMIDIGI Z2のカメラ

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

  • メインカメラ:16MP + 8MP(デュアルカメラ)
  • セルフィーカメラ:16MP + 8MP(デュアルカメラ)

UMIDIGI Z2のメインカメラには、サムスン製の16MPセンサーが搭載されています。

それは非常に新しいセンサーで、同じものがXiaomiのRedmi S2にも使われています。
そして、[email protected],080pの動画を撮影することができます。

 

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

セルフィーカメラには、OnePlus 6に使用されている16MPのソニー製センサーが搭載されています。

最大4,672 x 3,504の解像度の写真を撮影することができ、動画は30fpsで720pもしくは1,080pのものを撮影することができます。

 

セルフィーカメラにも2つのセンサーが搭載されていて、これら2つを組み合わせて背景がボケた写真を撮影することもできます。

また、フェイスアンロックの機能も備えており、その時はこのセルフィーカメラが素早く正確に動きます。

 

メインカメラで撮影されたサンプル動画もありますので、見てみてください。

 

UMIDIGI Z2のデザイン

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

  • 重さ:165グラム
  • カラーバリエーション:トワイライト、ファントム

UMIDIGI Z2の背面は、メタリックで美しいグラデーションの丸みを帯びたデザインです。

このグラデーションカラーは2色用意されていて、それぞれトワイライトとファントムと名付けられています。

 

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

トワイライトは紫と緑が混ざり合ったグラデーションで、ファントムはそれがより黒みがかったグラデーションです。

全ての角は丸みを帯びていて、とても手に馴染みやすい形状をしています。重さは165グラム。かなり軽い部類に入ります。

 

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

6.2インチのディスプレイは大きすぎず小さすぎず、適度な大きさです。

端末の左側面には、2つの物理ボタンが縦に並んでいます。上のボタンはボリューム調整ボタン、その下は電源ボタンです。

端末の下部にはマイク、スピーカーおよびUSB Type-Cのコネクタ部が配置されています。

 

UMIDIGI Z2のレビューまとめ

 

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

今回のレビューを通して、UMIDIGI Z2は良質なミッドレンジのオールラウンダーであることがわかりました。

手の加えられていない純粋なAndroid OS(しかし古い)と組み合わされた、必要十分な6GBものRAMはとてもスムーズな操作性を実現しています。

そして邪魔なプリインストールアプリが一切排除されているので、64GBの内部ストレージには余裕があり、容量の大きなゲームも豊富にインストールすることができます。

 

UMIDIGI Z2レビュー/スペック/ベンチマーク/カメラ

 

約3万円の手頃な価格で手に入るスマートフォンとしてはかなり堅実で、カメラは一般的な用途において十分な写真を撮ることができますし、背面に用意された指紋センサーは素早く正確に動きます。

背面のやや派手なデザインは好み次第ですが、必要に応じて付属のカバーで覆い隠すこともできます。

今のところ、技適マークはついていませんが日本の主要バンドをカバーしており、国内の使用において困ることもなさそうな、お得なスマホと言えそうです。