Poco F2 xiaomi(シャオミ)

Redmi K20/K20 Proは本当にPocophone F2なのか?

投稿日:

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

Xiaomi(シャオミー)pocophone f1

xiaomi(シャオミ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

Xiaomi Pocophone f1 レビュー スペック/ベンチマーク/価格まとめ

Xiaomi Pocophone f1を3行でまとめると… 10万円程度で売られているハイスペック端末並みの性能で 2万円〜のコスパオバケ Snapdragon845、RAM最大8GB、内部ストレージ ...

Mi 9 SE xiaomi(シャオミ) おすすめ スマートフォン メーカー

Xiaomi Mi 9 SE実機レビュー!価格やスペック、カメラの情報について

コンパクトなMi 9 SEは、2019年5月より正式に発売されました。 6GB RAM + 64GBストレージと、6GB RAM + 128GBストレージの2つのバージョンがあります。 その他のスペッ ...

Mi Mix 2 xiaomi(シャオミ)

Xiaomi Mi Mix 2カメラレビュー!変わり種のセルフィーカメラの使い勝手は?

セルフィーカメラが右下に?それってどうなの   Xiaomi Mi Mix 2のセルフィーカメラの位置は、なんと液晶ディスプレイの右下に配置されています。 右利きの多い日本では、ちょうど握る ...

Poco F1 Poco F2 xiaomi(シャオミ)

Pocophone F2のリリースついにくるか?F1の値下げ開始

2018年、Pocophone F1はライバル他社のフラッグシップモデルと同等のスペックで、信じられないほど安い価格で登場しました。   それはまさにフラッグシップキラーで、多くの顧客から絶 ...

Poco F2 xiaomi(シャオミ)

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザイン   Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはあり ...

スポンサーリンク

Redmi K20/K20 Proは本当にPocophone F2なのか?
XiaomiのPocophone F1は、2018年のスマートフォンで最も話題になったものの一つです。
そして、私たちはその続編を今か今かと待ち望んでいます。

しかしXiaomiはまだ、Pocophone F2という言葉を発していません。

そんな中、ほぼ同時期に中国からアナウンスされた「OnePlus 7/7 Pro」は、OnePlus社をプレミアム価格のスマートフォンメーカーへと変えた一方で、それらプレミアムスマートフォンメーカーが恐れているのが「フラッグシップキラー」。

その初代として名を馳せたのがPocophone F1でした。

2019年6月に発売されたRedmi K20 Proは、Pocophone F1がそうであったように、”わずかな価格で最高レベルのスペック”を誇るスマートフォンです。価格はわずかに4万円程度。まさにフラッグシップキラー2です。

 

Redmi K20 Proが持つ実力は

Redmi K20 Proが持つ実力は
先述の通り、Redmi K20 Proは獣のごとき性能を持っています。

チップセットには、クアルコムが誇るSnapdragon 855を採用し、6/8GBのRAM、最大256GBのストレージとそれを支えて余りある大容量4,000mAhバッテリーを備えています。

 

Pocophoneブランドの重要なコンセプトは、ハードウェア性能への妥協のなさでした。そしてRedmi K20/K20 Proはこれに完全に当てはまります。

一番明白なのはチップセットの選択。最新かつ最高のクアルコム製を選びましたが、Redmi K20/K20 Proはそれだけでは終わりません。

 

Poco F1とRedmi K20/K20 Proの違い

Poco F1とRedmi K20/K20 Proの違い
Redmi K20 Proのメインカメラセンサーとして組み込まれたSonyのIMX586センサーや、フルHD+解像度の6.39インチ有機ELディスプレイは、どちらもPocophone F1のそれらを大きく改善したものです。

 

そしてXiaomiのその選択は、Pocophoneのコンセプトと驚くほどマッチします。

それはまさに獣のようなスペックを、驚くような低価格で提供しています。

 

Poco F1に欠けていたもの

Poco F1に欠けていたもの

 

Poco F1は、フラッグシップの性能とエントリーモデルの価格を備えていました。
チップセットやカメラは言うまでもなく高性能。

しかし一方でそのプラスチック製のボディと、Pocoに用意されたランチャーアプリは弱点でした。

そして満を辞して発売されたRedmi K20/K20 Proは、ガラス製のボディやノッチのない美しいディスプレイによって、その課題に対する答えを示しています。

 

Poco F1に欠けていたもの

 

セルフィーカメラはディスプレイ上からポップアップ式のものに変更し、ノッチを回避しました。
メインカメラは最近のフラッグシップと同様に広角、望遠のトリプルカメラシステムを採用、それに加えディスプレイ内蔵の指紋センサーも盛り込んでしまいました。

残る課題はソフトウェアですが、これは時間とともに改善するでしょう。

 

Redmi K20 ProはPocophone F2なのか?

Redmi K20 ProはPocophone F2なのか?

 

これまで明らかになったリークを信じるのであれば、Redmi K20 ProがPocophone F2の名前を冠するのかもしれません。

中国のブランドは、グローバル展開時には同じ名前を使用する傾向があり、Redmi K20 ProにはPocophoneの名前がつけれらる可能性が高いです。

Redmi K20 Proの性能と価格とそのビジュアルは、フラッグシップキラーの名前を引き継ぐにふさわしい。

 

Xiaomi Pocophone F2(Redmi K20 Pro)のスペック/ベンチマーク情報まとめ

アクセスランキング

AirPodsのケースは最も薄いのに最も硬い フルカーボン製が最強の理由

この記事では、ワーガジェ編集部が全力でお勧めするAirPods保護ケースを紹介しています。

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはありません。

かなり大きで厚めなスマートフォンで、大きなディスプレイを備えています。

しかしそれは、このスマートフォンがありふれたつまらないものだということではありません。

OnePlus 7のスペック、発売日、価格についてまとめ

フラッグシップモデルの機能と性能は欲しいが、そんな予算はないという方のためのスマートフォン。

6.39インチの美しい有機ELディスプレイに超小型のノッチ。広角撮影が得意なトリプルカメラ。

Snapdragon855+6GB RAMのプレミアム仕様だが、他社のフラッグシップに比べだいたい半額

  • この記事を書いた人

ショウタ

スマートフォン・ブログ・家族を愛しています。 家族+猫1匹でマレーシアに移住→海外のスマホの契約の自由さ、安さに感動し、それを広めたいと思ったサラリーマン。 普段は会社で仕事をしつつ、家に帰るとスマホ情報の収集やブログの執筆をしています。 海外スマートフォンの実機レビュー、新鮮なニュースを中心に呟きます。

-Poco F2, xiaomi(シャオミ)

Copyright© World gadgets ワールドガジェッツ , 2020 All Rights Reserved.

ワーガジェ公式ストアはこちら
ワーガジェ公式ストアはこちら