Black Shark 2 スマートフォン

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

更新日:

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

UMIDIGI One Max の詳細スペック/ベンチマーク情報まとめ

UmidigiのOne Maxは、デザイン面では他の多くの先進的なスマートフォンとよく似ています。 ウォータードロップ型のノッチとボディの背面は流行のグラデーションカラーです。 この記事では、2018 ...

Huawei(ファーウエイ) おすすめ スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

おすすめスマホ Huawei P30 Proのスペック/ベンチマーク情報まとめ

もくじ P30 Proの特徴を3行でP30 Proの仕様Huawei P30 ProのベンチマークスコアHuaweiのノッチHuawei P30 Proのキャリア別対応周波数帯ドコモ系SIMとの相性は ...

Xiaomi(シャオミー)pocophone f1

xiaomi(シャオミ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

Xiaomi Pocophone f1 レビュー スペック/ベンチマーク/価格まとめ

もくじ Xiaomi Pocophone f1を3行でまとめると…Xiaomi Pocophone f1は高性能、激安スマートフォンXiaomi Pocophone f1の発売日と価格Xiaomi P ...

A3 Pro Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

UMIDIGI A3 Proのスペック/ベンチマーク/発売日情報まとめ

Umidigiはライトユーザー向けのスマートフォン企業で、デュアルリアカメラとノッチデザインの両方を特徴としたスマートフォンを販売しています。   もくじ 端末の特徴を3行で。Umidigi ...

スマートフォン

5Gとは一体何のこと?日本ではいつから?今更聞けないIT用語

もくじ 5Gとはなんのこと?5Gで何が変わる?日本でのサービス開始は?料金は?5Gに対応したスマートフォン 5Gとはなんのこと? 5Gとは、次世代の高速モバイルインターネットです。 早い話が、ものすご ...

スポンサーリンク

3行でまとめるXiaomi Black Shark2

最新のSOC、Snapdragon855を搭載。RAMは最大12GB

ディスプレイはHuawei Mate20などでも使用されていて定評のあるSamsung製、6.39インチ

高過ぎる性能に耐えられるよう、4,000mAh大容量バッテリーと27W急速充電に対応。価格は約5万円から。

Xiaomi Black Shark 2

Xiaomi Black Shark 2

 

Xiaomiとは?

スマートフォン向けゲーム市場は近年驚くほどの勢いで拡大し、それに伴い多くの開発者が参入してきました。

そしてゲームにはより優れたグラフィックが要求されるようになり、それを実現するためにスマートフォンにもマシンスペックが不可欠となってきました。

Black Shark 2をリリースするシャオミは、

このようなハイスペック化するスマートフォン業界の最前線にいる会社の一つです。

直近では、Pocofone F1初代BlackSharkなどで話題をさらいました。

いずれも他社のフラッグシップ機と同等の性能ながら、圧倒的な低価格で販売することで知られています。

 

Black Shark2は、ゲームの為に最適化され尽くしたスマートフォン

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

このところ、Razer PhoneやROG Phoneをはじめとするゲームの為のスマートフォンをリリースする会社が増えてきました。

しかしながらそれらは、一部のコアなゲーマーにしか支持されることはありませんでした。

今回登場するBlack Shark2は、より多くのユーザーからの支持を得る為に、その性能だけでなくデザインのバランスも見直しました。

 

スペック

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

外形寸法:163.6×75×8.7mm

重量:205g

特徴:

画面内指紋スキャナー

3.5mmヘッドホンジャックなし

二重正面スピーカー

見た目は魅力的、性能は破壊的

多くのゲーム用スマートフォンは、一部の人々の目には「粗く」見えます。

派手なイルミネーションと、万人受けはしない派手なファンを装備したPCがその代表例です。

まずBlack Shark 2はそこを改善しました。

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

確かに、Razer Phone 2と同じように、背面には派手な「S」のロゴが点灯しています。

しかし、全体的なデザインは控えめに、魅力的に。

それでいてポケットにすっぽり収まるサイズ。でも性能は抜群です。

ゲーマー専用スマートフォンに目を奪われるとは思ってもみませんでしたが、Black Shark2にはそれだけの魅力があります。控えめな緑の縁取りと質感は特に美しい。

 

しかしBlack Shark2には最新のスマートフォンのトレンドを取り入れていない部分もあります。

例えばディスプレイのベゼルは大きめで、画面比率は低いです。流行りのスライドや折りたたみの機能はありません。

その代わり、ゲームに臨場感を与える為の前面スピーカーを2機搭載しており、この音は素晴らしいです。

 

ディスプレイについて

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

6.39インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度は1,080 x 2,340(403dpi)、アスペクト比は19.5:9。

 

応答速度は非常に高く、ディスプレイの感圧センサーに関しても非常に精度が高いです。

感圧センサーはiPhoneの3Dタッチのように動作し、ゲームによってはタップでロックオン、強く押し込むことで攻撃するなどに使用することができます。

また、iPhoneのそれが1箇所の押し込みにしか対応していないのに対し、Black Shark 2では左右2箇所の押し込み操作にも対応しています。

 

ゲーム専用スマートフォンに詳しい方であれば、このディスプレイの特徴は見慣れたものであるかもしれません。

それは、HuaweiのMate 20 ProやSamsungの Galaxy S9など、様々な携帯電話に搭載されているSamsung製のディスプレイパネルだからです。

このパネルのリフレッシュレートは60Hz。

リフレッシュレートとは、1秒間にディスプレイの表示を更新できる回数のことです。

リフレッシュレートが大きければ、それだけ表示されるものは滑らかに動くように見えます。

Razor Phone 2のそれは120Hzで、それと比べると少し見劣りしてしまいますが、多くの人にとってこのディスプレイパネルは十分に高い性能を持っています。

そしてXiaomiは将来的に90Hzや120Hzのディスプレイを採用する為に、Samsungと交渉中であり、Black Shark3には恐らくそれが搭載されることでしょう。

 

応答速度の最大化

XiaomiはSamsungのディスプレイパネルを使用してはいるものの、それをそのまま使うわけではありません。

ゲーム専用スマートフォンの最先端である為に、ディスプレイのタッチパネルの操作性と応答速度の最大化に注力しました。

そして、独自のドライバチップを開発し、応答時間43.5ミリ秒(測定可能な最小値)を達成、タッチの感度を最適化しました。これをFast Fingerテクノロジーと呼んでいます。

 

ゲーム用のコントローラー

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

ゲームの操作性を最大化する為に、Black Shark 2には別売りのコントローラが用意されています。

これは左右に2つつけて使用することも可能ですが、片方だけで使用することもできます。

例えば、左側のコントローラにはジョイスティックとボタン、右側のコントローラにはタッチパッドとボタン、のような具合です。

なお、これらのコントローラはBluetoothを通じてペアリングされます。

また、USB-HDMIコネクタを使用して、テレビなどに出力することも可能です。

 

Xaiomi Blackshark2の性能について

チップセットにSnapdragon855、メモリは最大12GB。

全ての性能をゲームのために使用する”Shark Spaceゲームモード”と”Ludicrousモード”が用意されている。

また、液冷システムと冷却ファンを備え、その他のスマートフォンと比較してCPUコアの温度を14度抑えつつ、CPUが最大のクロックス数で動作できる時間を8倍まで引き出すことができます。

4,000mAhの大型バッテリーと27W急速充電もまた、言うまでもなくゲームを楽しむために用意されています。

 

対応している周波数帯(バンド)について

Xiaomi Black Shark 2はデュアルSIMに対応し、LTEの対応バンドは 1/3/4/5/6/8/20/34/38/39/40/41です。

国内では問題なく使える模様です。

 

価格について

Xiaomi Black Shark 2は、最上位モデルでも他社のフラッグシップ機に比べて割安です。

  • 12GBモデル→約7万円
  • 6GBモデル→約5万3000円

 

カメラについて

Xiaomi Black Shark 2 レビュー:抜群の性能。そしてただのゲーミングマシンではない

12MP(広角)+12MP(望遠)のデュアルメインカメラと20MPのセルフィーカメラを搭載しています。

結局のところBlack Shark2はコアなゲーマーのためのスマートフォンです。ゲームを楽しく遊ぶために作り込まれた性能と比べると、カメラのそれはやや劣ります。

30fpsの4Kビデオと、背景をぼかすポートレートモードなど、標準的な機能はおさえています。

 

Antutu、Geekbench4ベンチマークスコアについて

 

リーク|驚きの超ハイスコア!Black Shark 2のAntutuスコアが更新!!

 

リーク|XiaomiのBlack Shark 2のAntutuスコアが登場

 

アクセスランキング

OnePlus 7/OnePlus 7 Proのスペック、発売日、価格、違いについて

この記事では、OnePlus 7およびOnePlus 7 Proについて明らかになった情報と、世界中に溢れている噂やリーク、憶測についてまとめます。

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはありません。

かなり大きで厚めなスマートフォンで、大きなディスプレイを備えています。

しかしそれは、このスマートフォンがありふれたつまらないものだということではありません。

OnePlus 7のスペック、発売日、価格についてまとめ

フラッグシップモデルの機能と性能は欲しいが、そんな予算はないという方のためのスマートフォン。

6.39インチの美しい有機ELディスプレイに超小型のノッチ。広角撮影が得意なトリプルカメラ。

Snapdragon855+6GB RAMのプレミアム仕様だが、他社のフラッグシップに比べだいたい半額

  • この記事を書いた人

ショウタ

スマートフォン・ブログ・家族を愛しています。 家族+猫1匹でマレーシアに移住→海外のスマホの契約の自由さ、安さに感動し、それを広めたいと思ったサラリーマン。 普段は会社で仕事をしつつ、家に帰るとスマホ情報の収集やブログの執筆をしています。 海外スマートフォンの実機レビュー、新鮮なニュースを中心に呟きます。

-Black Shark 2, スマートフォン

Copyright© World gadgets ワールドガジェッツ , 2019 All Rights Reserved.