【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

Huaweiがサムスンに続き折り畳み端末を投入

いくつかのサイトにおいて、以下の画像が掲載されていました。

Huawei(ファーウェイ)が、先日のサムスンに続いて折りたたみスマホを投入するようです。

機種名はMate X

Huaweiがサムスンに続き折り畳み端末を投入
Huaweiがサムスンに続き折り畳み端末を投入

サイズやスペックなどは明らかになっていませんが、サムスンのフォルダブル端末Galaxy Foldで問題に感じていた”折りたたみ時の表示領域の狭さ”を感じさせないものになっていそうです。

フォルダブル端末はまさにこれから盛り上がっていく時なので、どんどん洗練されていくでしょう。楽しみです。

 

【2/24 23時更新】本日バルセロナで行われているMWC2019で正式発表されました。

ついに正式発表されました。

端末の名前はHuawei Mate Xで間違いありませんでした。

 

【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

“世界で最も速い、フォルダブル 5Gフォン”

とのことですが、スペックはどうなっているんでしょうか?

 

判明しているスペック

メーカー Huawei
機種名 Mate X
発売時期 2019年内
OS
CPU kirin 980
GPU Mali-G76
メモリ 8GB
内部ストレージ 512GB
外部ストレージ
カメラ(メイン) 40M + 16M +8M画素(トリプルカメラ)
カメラ(セルフィー) 非搭載
画面サイズ 8インチ (2480×2200)
本体サイズ 161.3 × 146.2(開いた時) × 11.0mm
重量 295g
バッテリー容量 4,500mAh

kirin980のチップセットを搭載しています。

一方、先にアナウンスされたサムスンのGalaxy FoldはSnapdragon855を搭載しています。

これよりもスペックをあげて登場するということでしょうか。

 

サイズ感

【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

折りたたんだ状態で手に持つとこんな感じ。いたって普通のサイズです。

 

【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

開くと現れる大画面はなんと8インチ。

 

【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

開いた状態で、iPhone Xs Maxと比較するとこのサイズ感。

普段は折りたたんで使用し、調べ物や仕事をしたいときは開いて使うなど、

スマホとタブレットの2役こなせるMate Xには可能性を感じます。

 

【更新】 Huawei の5G対応折り畳みスマホの広告を発見→MWCで発表されました

畳んだ状態は表も裏も情報が表示される模様。6.38インチの画面の左側にある柱のような部分、これはどういう使い方をするんでしょう?

 

Huawei Mate Xの詳細レビュー

最近色々と騒がしいファーウェイですが、Mate Xの未来感は素晴らしいです。

次の記事で、詳しくレビューしてますのでご覧ください。

ファーウェイ Mate Xレビュー!使い勝手は?価格や発売日も