Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

更新日:

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

Oppo(オッポ) Reno 5G 各機種について 各種比較 新機種情報

Oppo Reno 5Gのスペック、発売日、価格まとめ

この記事では、Oppo Reno 5のスペックや使用感、日本での発売日や価格についてまとめます。   現在のスマートフォン業界では、いくつかの競争が繰り広げられています。 一つは、できるだけ ...

スマートフォン 各機種について 各種比較 新機種情報

2018年発売 SIMフリースマホのベンチマークスコアを比較しました

ベンチマークスコア比較表 2018年10月現在、主要スマートフォンのベンチマークスコアを比較しました。 メーカー機種Antutu(総合)Antutu(3D)GeekBench4(Single core ...

Umidigi(ユミディジ) スマートフォン ベンチマークスコア 各機種について 新機種情報

格安アンドロイド SIMフリースマホ UMIDIGI S2 Liteの詳細スペック/ベンチマーク情報まとめ

端末の特徴を3行で。 メモリ6GB、記憶容量は余裕の128GB。さらにminiSDカード対応。 バッテリーも余裕の5,000mAHオーバーでモバイルバッテリーも不要? Antutu6万点台。ある程度の ...

S2 Lite Umidigi(ユミディジ)

UMIDIGI S2 Liteレビュー!カメラ/スペック/デザイン

UMIDIGI S2 Liteの特徴を3行でまとめると 小ぶりなボディながら、5,100mAhの巨大なバッテリーを搭載 ディスプレイはやや暗め、ゲームは考えない方が良い 価格は良心的な25,000円。 ...

F1 Umidigi(ユミディジ)

Umidigi F1のスペックに迫る/AntutuやGeekbenchスコアを調査

Umidigi F1に搭載されたハードウェアの詳細をチェック   Umidigi F1は、MediaTek製のHelio P60チップセットを搭載しています。 それはCortex-A73とC ...

スポンサーリンク

 

UMIDIGI F1の特徴を3行で。

 

Umidigi(ユミディジ) F1のメモリは少なめだが、3Dゲームにも十分耐えられる性能で予想価格2万台半ば。

 

ボディサイズに対する画面比率が驚きの92.7%。記憶容量も余裕の128GB

 

超大容量バッテリーなのでスタミナ充分か。

 

はじめに

最近、OppoやOnePlusをはじめとした、ウォータードロップ型のノッチを採用する端末が増えてきました。

そして、今日レビューするUmidigi F1は、同じようなノッチを採用した端末です。

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

今回のテストでは、Umidi F1のあらゆる面をチェックし、その長所と短所や特徴について書こうと思います。

 

Umidigi F1のデザインについて

  • サイズ:156.9 x 74.3 x 8.8 mm
  • 重さ:186g
  • カラーバリエーション:レッド、ブラック、ゴールド
  • 同梱物:本体、サンクスカード、スマホケース、SIM針、説明書、USBType-Cケーブル

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1の質感はとても2万円とは決して思えないものです。OnePlusなどのプレミアムモデルと遜色ない仕上がりです。

大きめのボディ、非常に狭いベゼルと、ウォータードロップ型のノッチはOnePlus 6TやHuawei Mate20と似ています

ただし、下部のベゼルだけは約7mmと厚くなっています

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

背面はプレミアムモデルによく見られる金属+ガラス素材ではなく、つや消しのプラスチックでできています。

それは安っぽいという意味ではなく、非常に心地よい素材でできています。

そしてその中央には指紋センサーを配置しました。ロック解除の速度はかなり早く好感が持てます。

 

Umidigi F1の価格について

  • 価格:24,199円

Umidigi F1のディスプレイについて

  • サイズ:6.3インチ IPS液晶
  • 解像度:フルHD(2,340x1,080)、409ppi
  • ガラス:Corning Gorilla Glass 5

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1のディスプレイはとても明るく、屋外での視認性も高く問題ありません。 最大輝度は493cd/m2、コントラストは1595:1です。

一点だけ注文するとすれば、明るい白がやや青く見える傾向がある点です。

 

Umidigi F1のハードウェア、性能について

  • RAM:4GB
  • 内部メモリ:128GB
  • 外部メモリ:microSD(最大512GB)
  • チップセット:Helio P60
  • バッテリー:5,150mAh
  • その他:3.5mmイヤフォンジャック

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1はHelio P60 AIプロセッサを搭載しています。

処理速度は高速で、通常の使用でも3Dゲームをしている最中ももたつきは感じません

ちなみにPUBGでは「平均的な」グラフィック品質でプレイでき、優れた画質で速度を落とすことはありませんでした。

しかし、タッチスクリーンの操作は、やや遅延を感じました。これは同じ価格帯で販売されているXiaomi Mi A2やHonor 8Xと比較しています。

 

Umidigi F1のソフトウェアについて

  • OS:Android 9.0(PIE)

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

 

Umidigi F1はAndroid9上で、同社オリジナルのインターフェイスを動作させています。

これは他のUmidigi製スマートフォンと同じ問題ですが、ノッチの存在により通知バーの表示に問題があります。

通知アイコンの数が少しでも多くなると、それ以上の通知の有無は、通知パネルを広げて確認する他手段がありません。

 

Umidigi F1のカメラについて

  • メインカメラ:16MP+8MP(デュアルカメラ)
  • セルフィーカメラ:8MP

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1はメインカメラにデュアルカメラを装備していますが、8MPのカメラはポートレートモードでしか使用されません。

日中の撮影はかなり綺麗に撮ることができます。一方で暗い場所ではHDRのサポートが弱いのかノイズが目立ちます。

明らかに暗い場所での撮影には問題があります。

ポートレートモードでは、美しさに注力したモードと顔検出機能を使うことができますが、背景をぼかすのはあまり得意ではなさそうです。

 

Umidigi F1のバッテリーについて

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

バッテリーの容量は5,150mAhと非常に大きく、私の通常の使用で丸2日経っても、バッテリーは10%ほど残っていました

スタミナは十分でしょう。

充電速度は特に早いわけではなく、30分で約50%充電することができました。フル充電までは1時間30分ほど必要です。

 

UMIDIGI F1の主な仕様

 

メーカー UMIDIGI
機種名 F1
発売時期 2019年1月
OS Android 9.0(Pie)
Chipset Mediatek Helio P60 MT6771
CPU Octa-core
GPU Mali-G71 MP3
メモリ 4 GB
ストレージ 128 GB
外部ストレージ microSDカード(最大256GB)
カメラ(メイン) 16 / 8 メガピクセル(デュアルカメラ)
カメラ(セルフィー) 16 メガピクセル
画面サイズ / ボディ:画面比率 6.3 インチ(1,080 x 2,340 px)/ 92.7 %
本体サイズ 156.9 x 74.3 x 88 mm
重量 186 g
バッテリー容量 5,150 mAh

 

 

UMIDIGI F1のAntutu、Geekbench ベンチマークスコア

Umidigi F1 のantutu、GeekBench4スコアは次の通り

Antutu   GeekBench4  
総合 3D シングルコア ダブルコア
165,333 32,000 - -

2018年発売 SIMフリースマホのベンチマークスコアを比較しました

 

UMIDIGI F1のキャリア別対応周波数帯

 

UMIDIGI F1が対応している国内主要キャリアの周波数帯です。
基本的には主要なものは押さえていて、どのSIMでも安心して使えるのではないでしょうか。


ただし、あくまで公式スペック情報であり、実機でのテストをしたわけではありませんので、実機レビューなどを探して確認することをお勧めします。

 

UMIDIGI F1docomo系SIMau系SIMSoftbank系SIM
Band1対応必須必須必須
Band3対応必須必須
Band8対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band11対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band18対応必須
Band19対応必須
Band21対応してると嬉しい
Band26対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band28対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band41対応必須必須必須
Band42対応してると嬉しい対応してると嬉しい
※ 太字は各キャリアで重要視すべき周波数帯です。これらに対応していれば、各キャリアのSIMを快適に利用することができるでしょう。

 

 

ドコモ系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星3つ!相性はとてもよいです。

 

F1は、ドコモ回線を使用する上で必要な帯域をほぼ全てカバーしています。通常の使用で困ることはほとんどないでしょう。

 

ドコモ系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り。

 

  • 楽天モバイル
  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • IIJmio
  • U-mobile
  • NifMo(ニフモ by NIFTY)
  • mine(マイネオ)
  • nuro mobile(ニューロモバイル)

 

 

au系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星なし

 

F1は、au回線を使用する上で必要な帯域をスペック上はほぼ全てカバーしていますが、auが特殊な仕様の為現在のところ仕様不可のようです。

 

au系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り

 

 

 

ソフトバンク系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星3つ!相性はとてもよいです。

 

F1は、ソフトバンク回線を使用する上で必要な帯域をほぼ全てカバーしています。通常の使用で困ることはほとんどないでしょう。

 

ソフトバンク系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り

 

  • Yモバイル
  • b-mobile
  • U-mobile
  • nuroモバイル
  • LINEモバイル
  • mine(マイネオ)

 

 

実機画像

 

 

ノッチ

 

F1のノッチはウォータードロップ型と呼ばれる非常に小さいサイズのものです。

 

ベゼルは非常に狭く、画面比率は驚きの92.7%。

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

 

アンドロイドスマホのノッチの有無や形状についてまとめました

 

価格

アクセスランキング

AirPodsのケースは最も薄いのに最も硬い フルカーボン製が最強の理由

この記事では、ワーガジェ編集部が全力でお勧めするAirPods保護ケースを紹介しています。

Redmi K20 Pro/Pocophone F2レビュー、スペック、antutuベンチマーク、価格

Redmi K20 Pro/Pocophone F2のデザインに関して、もし価格を抜きにして考えると特に目新しいものはありません。

かなり大きで厚めなスマートフォンで、大きなディスプレイを備えています。

しかしそれは、このスマートフォンがありふれたつまらないものだということではありません。

OnePlus 7のスペック、発売日、価格についてまとめ

フラッグシップモデルの機能と性能は欲しいが、そんな予算はないという方のためのスマートフォン。

6.39インチの美しい有機ELディスプレイに超小型のノッチ。広角撮影が得意なトリプルカメラ。

Snapdragon855+6GB RAMのプレミアム仕様だが、他社のフラッグシップに比べだいたい半額

  • この記事を書いた人

ショウタ

スマートフォン・ブログ・家族を愛しています。 家族+猫1匹でマレーシアに移住→海外のスマホの契約の自由さ、安さに感動し、それを広めたいと思ったサラリーマン。 普段は会社で仕事をしつつ、家に帰るとスマホ情報の収集やブログの執筆をしています。 海外スマートフォンの実機レビュー、新鮮なニュースを中心に呟きます。

-Umidigi(ユミディジ), スマートフォン, ベンチマークスコア, 各機種について, 新機種情報
-, , , ,

Copyright© World gadgets ワールドガジェッツ , 2021 All Rights Reserved.

ワーガジェ公式ストアはこちら
ワーガジェ公式ストアはこちら