Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

 

UMIDIGI F1の特徴を3行で。

 

Umidigi(ユミディジ) F1のメモリは少なめだが、3Dゲームにも十分耐えられる性能で予想価格2万台半ば。

 

ボディサイズに対する画面比率が驚きの92.7%。記憶容量も余裕の128GB

 

超大容量バッテリーなのでスタミナ充分か。

 

はじめに

最近、OppoやOnePlusをはじめとした、ウォータードロップ型のノッチを採用する端末が増えてきました。

そして、今日レビューするUmidigi F1は、同じようなノッチを採用した端末です。

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

今回のテストでは、Umidi F1のあらゆる面をチェックし、その長所と短所や特徴について書こうと思います。

 

Umidigi F1のデザインについて

  • サイズ:156.9 x 74.3 x 8.8 mm
  • 重さ:186g
  • カラーバリエーション:レッド、ブラック、ゴールド
  • 同梱物:本体、サンクスカード、スマホケース、SIM針、説明書、USBType-Cケーブル

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1の質感はとても2万円とは決して思えないものです。OnePlusなどのプレミアムモデルと遜色ない仕上がりです。

大きめのボディ、非常に狭いベゼルと、ウォータードロップ型のノッチはOnePlus 6TやHuawei Mate20と似ています

ただし、下部のベゼルだけは約7mmと厚くなっています

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

背面はプレミアムモデルによく見られる金属+ガラス素材ではなく、つや消しのプラスチックでできています。

それは安っぽいという意味ではなく、非常に心地よい素材でできています。

そしてその中央には指紋センサーを配置しました。ロック解除の速度はかなり早く好感が持てます。

 

Umidigi F1の価格について

  • 価格:24,199円

Umidigi F1のディスプレイについて

  • サイズ:6.3インチ IPS液晶
  • 解像度:フルHD(2,340×1,080)、409ppi
  • ガラス:Corning Gorilla Glass 5

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1のディスプレイはとても明るく、屋外での視認性も高く問題ありません。 最大輝度は493cd/m2、コントラストは1595:1です。

一点だけ注文するとすれば、明るい白がやや青く見える傾向がある点です。

 

Umidigi F1のハードウェア、性能について

  • RAM:4GB
  • 内部メモリ:128GB
  • 外部メモリ:microSD(最大512GB)
  • チップセット:Helio P60
  • バッテリー:5,150mAh
  • その他:3.5mmイヤフォンジャック

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1はHelio P60 AIプロセッサを搭載しています。

処理速度は高速で、通常の使用でも3Dゲームをしている最中ももたつきは感じません

ちなみにPUBGでは「平均的な」グラフィック品質でプレイでき、優れた画質で速度を落とすことはありませんでした。

しかし、タッチスクリーンの操作は、やや遅延を感じました。これは同じ価格帯で販売されているXiaomi Mi A2やHonor 8Xと比較しています。

 

Umidigi F1のソフトウェアについて

  • OS:Android 9.0(PIE)

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

 

Umidigi F1はAndroid9上で、同社オリジナルのインターフェイスを動作させています。

これは他のUmidigi製スマートフォンと同じ問題ですが、ノッチの存在により通知バーの表示に問題があります。

通知アイコンの数が少しでも多くなると、それ以上の通知の有無は、通知パネルを広げて確認する他手段がありません。

 

Umidigi F1のカメラについて

  • メインカメラ:16MP+8MP(デュアルカメラ)
  • セルフィーカメラ:8MP

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

Umidigi F1はメインカメラにデュアルカメラを装備していますが、8MPのカメラはポートレートモードでしか使用されません。

日中の撮影はかなり綺麗に撮ることができます。一方で暗い場所ではHDRのサポートが弱いのかノイズが目立ちます。

明らかに暗い場所での撮影には問題があります。

ポートレートモードでは、美しさに注力したモードと顔検出機能を使うことができますが、背景をぼかすのはあまり得意ではなさそうです。

 

Umidigi F1のバッテリーについて

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

バッテリーの容量は5,150mAhと非常に大きく、私の通常の使用で丸2日経っても、バッテリーは10%ほど残っていました

スタミナは十分でしょう。

充電速度は特に早いわけではなく、30分で約50%充電することができました。フル充電までは1時間30分ほど必要です。

 

UMIDIGI F1の主な仕様

 

メーカー UMIDIGI
機種名 F1
発売時期 2019年1月
OS Android 9.0(Pie)
Chipset Mediatek Helio P60 MT6771
CPU Octa-core
GPU Mali-G71 MP3
メモリ 4 GB
ストレージ 128 GB
外部ストレージ microSDカード(最大256GB)
カメラ(メイン) 16 / 8 メガピクセル(デュアルカメラ)
カメラ(セルフィー) 16 メガピクセル
画面サイズ / ボディ:画面比率 6.3 インチ(1,080 x 2,340 px)/ 92.7 %
本体サイズ 156.9 x 74.3 x 88 mm
重量 186 g
バッテリー容量 5,150 mAh

 

 

UMIDIGI F1のAntutu、Geekbench ベンチマークスコア

Umidigi F1 のantutu、GeekBench4スコアは次の通り

Antutu   GeekBench4  
総合 3D シングルコア ダブルコア
165,333 32,000

2018年発売 SIMフリースマホのベンチマークスコアを比較しました

 

UMIDIGI F1のキャリア別対応周波数帯

 

UMIDIGI F1が対応している国内主要キャリアの周波数帯です。
基本的には主要なものは押さえていて、どのSIMでも安心して使えるのではないでしょうか。


ただし、あくまで公式スペック情報であり、実機でのテストをしたわけではありませんので、実機レビューなどを探して確認することをお勧めします。

 

UMIDIGI F1docomo系SIMau系SIMSoftbank系SIM
Band1対応必須必須必須
Band3対応必須必須
Band8対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band11対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band18対応必須
Band19対応必須
Band21対応してると嬉しい
Band26対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band28対応対応してると嬉しい対応してると嬉しい対応してると嬉しい
Band41対応必須必須必須
Band42対応してると嬉しい対応してると嬉しい
※ 太字は各キャリアで重要視すべき周波数帯です。これらに対応していれば、各キャリアのSIMを快適に利用することができるでしょう。

 

 

ドコモ系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星3つ!相性はとてもよいです。

 

F1は、ドコモ回線を使用する上で必要な帯域をほぼ全てカバーしています。通常の使用で困ることはほとんどないでしょう。

 

ドコモ系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り。

 

  • 楽天モバイル
  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • IIJmio
  • U-mobile
  • NifMo(ニフモ by NIFTY)
  • mine(マイネオ)
  • nuro mobile(ニューロモバイル)

 

 

au系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星なし

 

F1は、au回線を使用する上で必要な帯域をスペック上はほぼ全てカバーしていますが、auが特殊な仕様の為現在のところ仕様不可のようです。

 

au系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り

 

 

 

ソフトバンク系SIMとの相性は?

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?
星3つ!相性はとてもよいです。

 

F1は、ソフトバンク回線を使用する上で必要な帯域をほぼ全てカバーしています。通常の使用で困ることはほとんどないでしょう。

 

ソフトバンク系SIMを提供する主なMVNOは以下の通り

 

  • Yモバイル
  • b-mobile
  • U-mobile
  • nuroモバイル
  • LINEモバイル
  • mine(マイネオ)

 

 

実機画像

 

 

ノッチ

 

F1のノッチはウォータードロップ型と呼ばれる非常に小さいサイズのものです。

 

ベゼルは非常に狭く、画面比率は驚きの92.7%。

 

Umidigi F1 レビュー!サイズや価格、カメラの実力は?

 

アンドロイドスマホのノッチの有無や形状についてまとめました

 

価格