SAMSUNGは新たな2タイプのフォルダブル端末を準備しているという話

20日ほど前、世界初のフォルダブルフォン”Galaxy fold”を発表したSAMSUNGですが、すでに新たな2モデルのフォルダブルフォンの開発を進めているようです。

懐かしのパカパカタイプの復活か?

SAMSUNGは新たな2タイプのフォルダブル端末を準備しているという話ブルームバーグ氏の話によると、その1つ目は垂直方向に折りたたむ2つ目の折りたたみ式デザイン。日本でも以前大流行した いわゆる”パカパカ”タイプです。

そして2つ目はGalaxy FoldやHuawei Mate Xのような折り畳みタイプです。

 

リリース時期は?

“パカパカタイプ”はおそらく先にデビューすると言われています。そしてSAMSUNGは2019年の後半、または2020年初めのリリースを目標にしているようです。

 

さらに懐かしいアレも

SAMSUNGは新たな2タイプのフォルダブル端末を準備しているという話

“パカパカタイプ”には、過去の日本のそれと同じように、懐かしの”サブディスプレイ”が用意される模様です。

しかしそれがあくまでサブとして使用するための小さな窓なのか、またはボディ全体を覆うものなのか、それはGalaxy Foldに対する市場の反応次第で変わってきそうです。

また、Galaxy S10のように画面内蔵型の指紋センサーも搭載されると噂されています。

 

フォルダブルフォンの進化から目が離せない

SAMSUNGは新たな2タイプのフォルダブル端末を準備しているという話

折りたたみ式スマートフォンはまだ生まれたばかりの非常に新しい製品であり、今後どのような進化を見せるかはまだ誰にもわかりません。

そのため、SamsungがGalaxy Foldとは全く異なるデザインのさらに2つの折りたたみ式スマートフォンをテストしようとしていると聞いても驚きではありません。

Motorolaもまた、昔ながらのRAZRのような”パカパカ”スタイルのスマートフォンを開発しています。そしてご存知の通りHuaweiはMate Xを発表しました。SAMSUNGはその両方をリリースしようとしています。

これらの一つが次世代のスタンダードとなるのか、全く別のスタイルが登場するのか、これからしばらくは目が離せませんね。