Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

この記事では、Honor 20について世界中に溢れている噂やリーク、憶測についてまとめます。

Honor 20の発売日はいつなのか?

 

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

Honor 20の発売時期は、2019年の6月前後になると思われます。
その根拠は、過去のHonorシリーズのリリース時期から来ています。

  • Honor 6:2014年6月
  • Honor 7:2015年6月
  • Honor 8:2016年7月
  • Honor 9:2017年6月
  • Honor 10:2018年5月

Honor 6がヨーロッパで登場した2014年以降、6月または7月に新作が発売されてきました。
Honor 10は昨年5月に発売されていますが、これまでの傾向を見ると6月前後というのが有力です。

 

Honor 20の価格はいくらか?

 

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

Honor 20の販売価格は、およそ6万円になると予想されています。
その根拠は、前作Honor 10の登場時の価格が約6万円だったからです。

しかし、最近の価格上昇トレンドを鑑みると、6万5千円まで上がったとしても不思議ではありません

 

Honor 20の性能とハードウェア構成について

  • チップセット:Kirin980
  • RAM:6 / 8GB
  • 内部ストレージ:128 / 256GB
  • バッテリー:3,650mAh(22.5W急速充電対応)
  • その他:USB-TypeC対応

昨年発売されたHonor 10は、Honor View10と同じKirin 970のチップセットを搭載していたため、今年のHonor 20は、Honor View 20が搭載していたKirin 980チップセットを搭載するでしょう。

これは非常に優秀なチップセットで、iPhone XSに搭載されているApple A12と同じ7nmアーキテクチャを使用して開発された、8コアチップです。

これはHuawei Mate 20 ProやHuawei P30でも採用されていました。

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

また、Honor View 20は6 / 8GBのRAMを搭載していたため、Honor 20でも同様のモデルが存在するとみられます。
内部ストレージは一番安いモデルでも128GB、上位モデルでは256GB搭載します。

そしてHonor 20は分厚い3,650mAhのバッテリーを内蔵します。急速充電に対応しているので、充電に時間はかからないでしょう。

 

Honor 20のデザインについて

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

Honor 20のデザインを予測するのに、Honor View 20はあまり参考になりません。

それでも少しの手がかりにはなりそうです。例えばView 20のホールパンチディスプレイがHonor 20でも採用されるかもしれません。

 

Honor 20のディスプレイについて

    • ディスプレイ:6.1インチ有機EL

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

画面サイズに関していえば、Honor 20はHonor View 20の6.4インチディスプレイよりは少し小さい6.1インチと予想しています。

ウォータードロップ型の小さいノッチがあります。

それよりも重大なニュースは、Honor 20がついに液晶ディスプレイではなく、有機ELにアップグレードされる可能性が高いということです。これはHuawei P30に採用されたものと同じである可能性が高く、つまりはSamsung製であることを意味します。そしてこのディスプレイには指紋センサーが内蔵されます。

 

Honor 20のカメラについて

  • メインカメラ:48メガピクセル + 8メガピクセル(デュアルカメラ)
  • セルフィーカメラ:32メガピクセル

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

Honor View 20のカメラを見ると、Honor 20のカメラがどうなるかに関してのヒントが得られます。

おそらくView 20と同じくデュアルカメラシステムが採用されるでしょう。そしてメインカメラに48メガピクセルのセンサーが採用される見込みがあるという点は、非常に興味をそそります。

特にView 20のカメラがそうであったように、この価格帯のカメラの性能を大きく超えてくる可能性があります。

 

Honor 20のスペック、発売日、価格についてまとめ

一部の噂では、Honor 20がP30と同等のトリプルカメラシステムを採用するかもしれないとも言われており、それは20メガピクセルの超広角カメラ、8メガピクセルの望遠カメラ、48メガピクセルのメインカメラになるというものです。しかしこの情報の信憑性は高くないと思っています。